滝本恋愛録

大したこと書いてません

「魔法少女育成計画」 1話感想

滝本です....

f:id:Keihyan:20161003220626j:plain

今回は10月から放送を開始した遠藤浅蜊先生原作、Larche制作のアニメ「魔法少女育成計画」の感想を書いていきたいと思います。ちなみに私は原作を読んでないよ( ;∀;)(滝本ひふみ)

mahoiku.jp

1話

アニメにおいて一話は重要です。その作品の世界観を視聴者に理解させ、各キャラのアイデンティティーを紹介する。これが1話の役割であり、それをいかにうまくやり遂げたかで2話以降の視聴者の数は激変します。演出、構成、脚本などの総合力で1話でどれだけ視聴者を作品に漬け込ませられるかが成功への最大のカギと言っても過言ではないでしょう。

この点に関しては「魔法少女育成計画」は悪くない結果を残したと僕は思っています。Aパートでは、主人公のスノーホワイト(作中では本名ではなく魔法少女としての名で呼ばれることの方が多いのでこのブログでもそのように呼びます。)が幼いころから幼馴染の男(💢)と魔法少女物の雑誌等を貸し合い魔法少女コンテンツに触れまくる程とにかく魔法少女に憧れていたことと、彼女がプレイしているゲーム「魔法少女育成計画」のユーザーの数万人に一人が実際に魔法少女になれるという噂が巷に流れていて、少しだけ信じつつプレイしていた彼女が実際に魔法少女になる所まで特に無駄なくまとめられていました。視聴する側からしても滑るギャグ等のマイナス要素が男の出現以外なかったので特にストレスなく楽しむことができたと思います。

OPの「叫べ」も俺好みのかっこいい女性ボーカルもの。後ろには可愛い女の子がたくさん出てきてウメェェ!曲の雰囲気にもあっていて俺好み。完聴。

因みに僕はOP前の殺戮的なシーンにゴシック調のBGMでそれっぽい雰囲気を出そうとしているシーンが、たまにあるアダルトゲームっぽくて好きです。

f:id:Keihyan:20161003225224j:plain

Bパートはこの作品における魔法少女の立ち位置と魔法少女の特性、他の魔法少女との関係の紹介がメインとなります。最初の方は魔法少女物の超有名作品、「魔法少女まどか☆マギカ」で例えるなら「きゅうべえ」的な存在であるファブがスノーホワイトにこの作品における魔法少女についてを彼女に紹介していく形で話が進められました。スノーホワイトはファブに魔法少女の目的が"人助け"をしてマジカルキャンディーを集めると教えられその通りに行動していきます。このあたりの紹介も特に無駄のない感じに進められていて中々見やすい構成になっています。魔法少女つながりでちょくちょく「きゅうべえじゃん!」とか「これグリーフシードじゃね?」って感じに独り言で叫んでしまったのが僕の中の1話のハイライトです。

後半では魔法少女の携帯「マジカルフォーン」を使い他の魔法少女とあいさつ程度のコミュニケーションをとった後、先輩魔法少女であり彼女の教育係であるのラ・ピュセルと会います。ここで事件は起こります。すこし化粧が目立つおっぱいが大きい女の子だと思っていたラ・ピュセルが幼馴染の男であることが発覚するのです。女の子ばかり出てくる作品かと思わせておいて衝撃の事実を公開する。1話の"引き"としては十分なものだったと思います。因みに僕は「え?おっぱい、男。え?は?」みたいなリアクションをしてしまいました。女装男子好きな人にとってはご褒美だったでしょうね。ただ「男で胸がある」という微妙な設定なので非常にコメントがしつらいのが難点ですが。

f:id:Keihyan:20161003234046j:plain

 

最後はラ・ピュセルとペアになって活動する約束をしてEDに移る流れでしたが、これも特に不自然な描写がなく、良くも悪くも無難にEDへつながれていました。個人的にEDの曲はあまり好きではないのであまり語りません。そしてED後に、この町の魔法少女が減らすという知らせが入り、この作品のテーマである魔法少女同士の殺し合いが伝わります。

1話の全体的な感想としてはスムーズに話が進行していて中々良い作品だったと思います。作品の内容も簡単に理解できたし、女の子もかわいいし、特に文句のつけようがない出来でした。今後の流れに期待したいです。

因みに、僕の今期の本命は響け!の2期です。あ~高坂麗奈(滝本ひふみが一番)

 

それではまた来週~